アンティーク着物の買取相場はいくらぐらい?リサイクル着物との違いは?

アンティーク着物の買取相場

アンティーク着物の買取相場はいくらぐらいかご紹介します!

着物買取において、アンティーク着物は非常に人気があり、高価買取が期待できる着物の一つです。

アンティーク着物は、昭和初期以前に織られた反物で仕立てられた着物のうち、特に状態のよいものを指します。

リサイクル着物とよく混同されることがありますが、おおよそ100年未満の着物はリサイクル着物、100年以上昔の着物はアンティーク着物と思っていれば大丈夫です。

アンティーク着物は非常に希少性が高く、また近代の着物とは異なる色合いや独特の柄であることから、人気も非常に高く高価買取が期待できます!

ここでは、アンティーク着物の買い取り相場について、リサイクル着物と比較してご紹介します。

アンティーク着物とは。リサイクル着物との違いは?

アンティーク着物

アンティーク着物とは、昭和の初めの頃よりも前に作られた着物であり、一般的には特にその保存状態がいい着物やクオリティの高いものを指すと言われています。

フランス語の「アンティーク(骨董品)」と日本語の「着物」を組み合わせた造語です。

およそ100年以上の昔の着物のことを指すことが多いです。

現代の着物の柄よりも古い分、年代を感じさせるもの、レトロな雰囲気を感じさせる柄が多いとのも特徴の一つです。

具体的には、幾何学模様・昭和モダンや大正ロマンと呼ばれる柄がアンティーク着物として分類されることが多いです。

そのユニークな絵柄が、着物好きな方に今注目を集めています!

そのため、着物買取において、アンティーク着物はとても人気が高く、高価買取が期待できる着物の一つです。

アンティーク着物とリサイクル着物の違い

アンティーク着物とリサイクル着物の違い

一方、昭和初期以降にできた着物は「リサイクル着物」と呼ばれ、区別されることが多いです。

100年未満の着物はリサイクル着物、100年以上昔の着物はアンティーク着物と区別することが出来ます。

アンティーク着物は、リサイクル着物よりももっと古い時代の着物であり、希少性も高くなるため、買取相場も高くなる傾向があるようですよ。

アンティーク着物の買い取り相場について

アンティーク着物の買取相場

アンティーク着物の買取相場はいくらぐらいなのでしょうか?

アンティーク着物を売る方法としては

・ネットでオークションに出す

・リサイクルショップに出す

・着物買取専門店で査定してもらう

以上が主な買取方法として挙げられます。

アンティーク着物は現代にはない独特な柄や技術を使っているため、再生することが困難だと言われています。

アンティーク着物の買取相場には幅がある

着物買取のしおりそのため高価買取が期待できると言われているアンティーク着物ですが、その買取価格は1,000〜80,000円以上と言われており、買取価格には大きな幅があります。

その着物の希少価値や保存状態によって、また、買取業者によって大きく値段が左右されることがあるのが特徴といえます。

着物の専門店で査定をしてもらうことで、より適切な値段で買取をしてもらうことが期待できます。

着物買取業者によっても買取価格の差があるため、複数のお店やサイトで査定をしてもらい比較をすることをオススメします!

アンティーク着物を売るのであれば、まずは着物買取のしおりでご紹介している安心の着物買取サイトに無料査定してもらうことをおすすめします。

おすすめの安心な着物買取サイトについては、こちらからチェックしてみてくださいね↓

着物買取ランキングはこちら

しおり

いくらぐらいで買い取ってもらえそうかだけでも、とりあえず電話で問い合わせしてみてくださいね。

アンティーク着物を高く売るコツ

着物買取のしおりアンティーク着物を高く買い取りをしてもらうためのポイントをお伝えします!

高価買取が期待できるアンティーク着物ですが、以下のポイントを満たしていれば、さらなる高価買取につながります。

  • 保存の状態がいいこと(新品や、ほとんど使用していない状態ならなお良し)
  • 仕立て直しができるサイズであること
  • 証紙をいっしょに出す

アンティーク着物に限らず、一般的に着物を高く売るポイントと同じです。

保存状態がよく、仕立直しが出来るサイズであること、さらに品質や着物の産地を証明する証紙があれば、かなり高く買い取ってもらえるようですよ。

一般的に着物を高く売るためのコツや査定時にみらえるポイントについて、詳しくはこちらの記事をご覧ください↓

>>着物を高く売るコツ

着物買取のコツ。着物の買取価格をアップさせる方法のポイントとは

>>着物の査定時にみられるポイント

着物の買取価格は何で決まる?着物の査定額に影響する評価ポイントとは

アンティーク着物を高く売るには証紙が重要

着物買取のしおり

証紙とは、アンティーク着物の品質や着物の産地を証明するための商標のことです。

この証紙があると、そのアンティーク着物の価値を証明することができるので、査定の際に価値が認められやすく、高額買取をしてもらえる大きなポイントになります。

もし、そのアンティーク着物の証紙を持っている場合、着物を買い取りしてもらう際に持っていき、査定に出すことをオススメします。

>>着物の査定時には証紙を出すことが大事な理由

証紙付の着物は証紙をつけて査定に出すことで買取価格は大幅にアップします!

アンティーク着物の買取まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事では、アンティーク着物について、その特徴と相場をご紹介しました。

相場はあくまでも目安であるため、まずは着物買取のしおりでご紹介している着物買取サイトの無料査定に出してみることをおすすめします

タンスの中に眠っているアンティーク着物をお持ちの方は、買い取り店に行って査定をお願いして見ましょう!

自分の思った以上のお値段がつくかもしれませんよ。

着物買取ランキングはこちら

しおり

いくらぐらいで買い取ってもらえそうかだけでも、とりあえず電話で問い合わせしてみてくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です