着物買取の相場はいくらぐらい?買取価格の平均の目安とは

着物買取の相場はいくらぐらい

着物買取のしおり着物買取の相場はいくらぐらいなのでしょうか?

着物の買取価格というのは、着物の素材、種類(格)、状態、年代(新しさ)、人気(需要)、丈(サイズ)などによって変わってきます。

いろいろな要素によって変わってくるため、着物の買取価格の相場というのは一概には言えませんが、着物の素材、種類ごとの買取価格の大体の相場についてご紹介します。

着物買取の相場がいくらぐらいか知りたいという方は参考にしていってくださいね。

着物の買取価格は実際に査定しないと分からない

着物の買取価格は実際に査定しないと分からない

着物買取の相場についてご紹介します。

着物の買取価格の相場というのは、着物の種類(格)や素材によって変わります。

また、実際の買取価格というのは、着物の種類や格、素材だけではなく、保存状態や着丈などでも大きく変わってきます。

さらに人気ブランドや人気の色や柄などの要素によっても、買取価格には差がついてきます。

とりあえず着物買取サイトの無料査定を試してみるのをおすすめ

複数の買取業者の査定を比較そのため、着物買取の相場というのは一概には言えないものであり、実際の買取価格というのは個々の着物を実際に査定してもらわない限り分かりません。

無銘の着物や古くて汚い着物であっても、意外と高く買い取ってもらえる可能性もありますので、とりあえず着物買取サイトの無料査定を試してみることをおすすめします。

着物買取のしおりのランキングでご紹介している着物買取サイトであれば、完全無料で査定だけでも全く問題ありませんので、着物買取の相場を知るためだけでも、とりあえず無料査定に出してみてください。

着物買取ランキングはこちら

着物買取の相場は着物の種類や格、素材によって変わる

着物の保存状態着物買取の相場はいくらぐらいかと言っても、買取価格の平均の目安というのは一概にはいえません。

というのは、着物の買取価格というのは、いろいろな要素が複雑に絡んでくるため、いくらぐらいとは言いづらいものがあるからです。

とはいえ、着物の買取価格の相場というのは、着物の種類や格、素材によってある程度の目安というものあります。

ここでは着物買取の相場について、着物の種類や格、素材ごとにいくらぐらいになることが多いか解説します。

格が高い着物の方が買取相場は高い傾向にある

格の高い着物は買取価格も高い

一般的に、格の高い着物の方が買取価格は高くなります。

着物の格というのは、洋服にもTPOに合わせた最適な洋服があるように、着物にもそれぞれのシーンに合わせた最適な着物の種類というものがあります。

それが着物の「格」になります。

着物の格について、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

着物の格と買取価格。高く売れる着物の種類とは

結婚式にジーンズで行ったらおかしいように、いくら着物といっても結婚式に適さない着物もあるんです。

結婚式などにも着ていけるような、洋服でいえば裾の長いドレスにあたるような着物というのは、最も格の高い黒留袖になります。

こういった礼装の着物というのは需要も高いため、着物買取でも高く売れやすく相場も高い傾向にあります。

格の高い着物は汎用性も高いため高く買い取ってもらえる

格の高い訪問着は、結婚式のみならず様々なシーンに着用できて汎用性も高いため、買取相場はとくに高くなる場合があります。

逆に、紬や小紋といった普段着使いの格の低い着物というのは、需要もあまりないため買取相場は低くなる傾向があります。

ただし、大島紬や結城紬、郡上紬といった伝統工芸品といえる着物については、中古着物でも人気があるため高く売れる可能性があり、買取相場も高いです。

着物の種類(格)ごとの買取相場

着物の種類(格)別の買取相場の目安はこちらです↓

着物の種類 買取相場(目安)
留袖(色留袖・黒留袖) 2,000円~200,000円
振袖 2,000円~500,000円
訪問着 2,000円~500,000円
付下げ 2,000円~200,000円
紬(大島紬・結城紬・黄八丈紬・牛首紬・塩沢紬) 1,000円~500,000円
小紋 1,000円~200,000円
色無地 1,000円~50,000円
浴衣 300円~10,000円

(引用:バイセル 着物コラム

付け下げを実際に査定してもらったときの様子と、実際の査定額と相場については、こちらの記事をご覧ください。

付け下げの買取価格の相場は?40年前の付下げを実際に査定してもらいました

素材別の買取相場としては正絹の着物が最も高い

訪問着

素材別の着物買取の相場としては、正絹(しょうけん)の着物が最も高いです。

着物の素材としては、正絹、麻、木綿、ウール、化繊(化学繊維)などがあります。

一般的に、着物買取の相場としては、正絹 > 麻 = 木綿 > ウール・化繊 の順番になることが多いです。

最も高く売れる可能性が高いのは、正絹(しょうけん)つまり絹100%の着物になります。

というよりも、着物買取で値段がまともにつくのは正絹の着物だけといっても良いかもしれません。

着物の各素材の特徴について、こちらの記事をご覧ください。

着物の素材の種類と買取価格。高く売れる着物の素材の種類とは。

正絹以外の着物に関しては、なかなか値段がつきづらいのも多く、買取相場はどうしても低くなります。

とくにウールや化繊の着物に関しては、着物買取サイトによっては買取不可のところも多いようです。

ただし、麻の着物の中にも宮古上布や越後上布といった伝統工芸品のものがあったり、木綿の着物の中にも薩摩絣(さつまかすり)や弓浜絣(ゆみはまかすり)といった伝統工芸品があります。

こういった伝統工芸品の着物のであれば麻や木綿の着物であっても高く売れる可能性が高く、買取相場は高いです。

また、ウールや化繊の着物も全て買取不可というわけでもなく、中には人気ブランドの着物もあり、そういった着物であれば買取りしてもらえることもあります。

化繊やウールであっても、ツモリチサトの浴衣や東レシルックの洗える着物、撫松庵の着物であれば高く売れることもあるようです。

着物の素材ごとの買取相場

着物の素材別の買取相場はこちらです↓

着物の素材 買取相場(目安)
正絹(しょうけん) 2,000円~500,000円
1,000円~200,000円
木綿 1,000円~200,000円
化繊・ウール 買取不可のことが多い

上記の着物の素材別の買取相場はあくまでも目安です。

麻や木綿の着物であっても高く売れる着物はありますし、化繊やウールの着物であっても買い取ってもらえる場合もあります。

また、正絹の着物であってもほとんど値段がつかない場合もあります。

結局、着物というのは個々の着物によって買取価格がだいぶ変わってくるため、買取相場というのはあまり参考にはなりません。

買取相場をとりあえず知りたいのであれば、ランキング中でご紹介している着物買取サイトに電話で問い合わせをしてみて、まずはいくらぐらいで買い取ってもらえそうか聞いてみることをおすすめします。

着物買取ランキングはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です