付け下げの買取価格の相場は?40年前の付下げを実際に査定してもらいました

付け下げの買取相場

付け下げの買取価格の相場とはいくらぐらいなのでしょうか?

付け下げとは、訪問着と小紋の間ぐらいの格の着物です。
略式の礼装として、既婚・未婚の区別なく着用でき、また改まった場だけではなく、カジュアルな場へも着ていけることから需要の高い着物といえます。

着物買取でもよく査定に出される着物の代表ともいえる付け下げですが、実際の買取価格の相場はいくらぐらいなのでしょうか?

ここでは40年ほど前の母の古い付け下げの実際の査定額も紹介しながら、付け下げの買取価格の相場についてご紹介します。

付け下げの買取価格の相場

着物買取のしおり付け下げの買取相場の相場ですが、いろいろな条件によって変わってくるので一概にはいえませんが数千円~数万円ぐらいになることが一般的のようです。

状態のよいものであれば、最低でも数千円でも買い取ってもらえることが多いようです。

未使用品で人気作家の付け下げであり、さらに証紙などが残っていた場合には数万円の買取価格となることも珍しくはないようです。

付け下げの買取価格の例はこちらです↓

付け下げの着物の種類 買取価格の例
辻が花の付け下げ(購入価格20万円程度) 約2万円ぐらい
ろうけつ染の付け下げ小紋(購入価格10万円程度) 5千円ぐらい

高価買取が期待できる付け下げとは

高価買取が期待できる付け下げの条件についてご紹介します。

高く売れる着物の条件と同じですが、付け下げをなるべく高く売るためにもチェックしてみてくださいね。

未使用品で保存状態がよい

未使用品や保存状態がよい付け下げは高く売れる可能性があります。

シワやシミ、カビや防腐剤などのニオイ移りがある場合には高額買取は期待できません。

人気作家もので証紙が残っている

付下げ付け下げの買取価格は数千円から数万円ぐらいが平均です。

ただし、人気作家ものの付け下げの場合、証紙が残っていればさらに高額買取が期待できることもあります。

逆に言うと人気作家ものの付け下げであっても、証紙が残っていない場合には高額買取は期待できません。

必ず証紙と一緒に査定に出すようにしましょう。

いずれにしろ、付け下げの実際の査定額というのは、実際に実物を見て査定してもらわないと分かりません。

着物買取のしおりのランキングでご紹介している着物買取サイトは、いずれも完全無料で査定だけでもOKです。

付け下げを売るつもりなら、とりあえず無料査定だけでも試してみましょう。

着物買取ランキングはこちら

付け下げを実際に査定してもらいました

付け下げの買取価格の相場は数千円~数万円と言われていますが、実際のところはどうなのか気になりますよね。

そこで、実際に付け下げの買取価格を査定してもらいました。

約40年前に母が祖母から買ってもらったという付け下げについて、複数の着物買取サイトに実際に査定してもらいました。

約40年前の母の付け下げ

約40年前の母の付け下げ

こちらが今回査定に出してみた約40年前の母の付け下げになります。

下の赤い着物が付け下げです。
上の緑の着物は絞りの羽織となります。

こちらの付け下げですが、今から40年ほど前に母が祖母から買ってもらったものだそうです。

友人の結婚式などで数回着用したのみで、その後はずっと40年間の間、タンスの肥やしになっていたのだとか。

今回、着物買取サイトに実際に査定に出してみるために、母から特別に借りることができました。

査定に出した付け下げの状態

査定に出した付け下げですが、保存状態はかなり悪かったといえます。

上記画像のように、一応たとう紙に包んではいたものの、このような状態で約40年の間、タンスの中にしまっていました。

40年の間、少なくとも私が覚えている限りは、母がこの着物を着用したことはありませんし、タンスの外に出したことも一度も無かったものと思います・・・。

陰干しや風を通すことも一度もすることなく、ずっとタンスの奥にしまっていました。

シミや裾の擦れがありました

シワもある付け下げ
裾に擦れもある付け下げ

査定に出した母の付け下げですが、シワやシミ、裾には擦れもあり保存状態はかなり悪かったと思います。

防虫剤のニオイ移りもある状態でした。

裏地にもシミや色あせがありました

付け下げの裏地

バイセルの査定員さんに査定してもらった時に指摘されたのですが、付け下げの裏地にはシミや色あせがある状態でした。

スピード買取バイセルの口コミレビュー

40年の間に胴裏が完全に変色した状態

たんす屋さんに付下げを見てもらった時に、着物の裏地(胴裏:どううら)が完全に変色しているということを教えていただきました。

母の付下げの胴裏なのですが、本来は右の着物の胴裏のように真っ白な状態だったはずとのことです。

40年もの間、タンスの肥やしになっていたため、完全に変色してしまったということですね・・・。

たまに着用したり陰干しなどをしていれば、ここまで完全に変色することもないはずだろうとういことでした。

たんす屋さん曰く桐の箪笥を過信してはいけないそうです。

以上、今回査定に出した付け下げというのは、お世辞にも保存状態がよいとは言えないものでした。

とはいえ、もちろん正絹の着物ですし、40年前とはいえ購入した当時はかなりの高額で購入した付け下げだったそうです。

そんな付け下げについて、実際に複数の着物買取サイトに査定に出してみましたので、実際の買取価格の査定額をご紹介します。

40年前の付け下げの買取価格の査定額は

約40年前の母の付け下げを複数の着物買取サイトに実際に査定してもらいました。

それぞれの着物買取サイトでの実際の査定の様子について詳しくはこちらのページをご覧ください。

バイセルでの査定の様子

スピード買取バイセルの口コミレビュー

ヤマトクでの査定の様子

ヤマトク着物買取の口コミレビュー。山徳の宅配買取の体験談。

たんす屋での査定の様子

たんす屋の着物買取口コミレポート。葛西本社で査定してもらいました

エコリングでの査定の様子

エコリングの着物買取の口コミレビュー。葛西店で査定してもらいました

おたからやでの査定の様子

おたからやの着物買取口コミレポート

 

 

それぞれの着物買取サイトでの付け下げの買取価格の査定結果はこちらの表のとおりです。

着物買取サイト 付け下げ買取価格の査定額
バイセル 3,000円(羽織と合算した査定額)
ヤマトク 0円(買取不可)
たんす屋 0円(買取不可)
エコリング 50円
おたからや 200円

約40年前の母の付け下げは0円(買取不可)~3,000円という査定額となりました。

正直、母の付け下げは状態もあまり良くはなく、なにしろ40年前の古い着物だったので、そもそも買取不可ではないかなと思っていました。

それにもかかわらず、きちんと値段がついたので、付け下げというのはそれなりの価格で買取してもらえるみたいですね。

バイセルの査定員さんに付下げの査定額について説明していただきました↓

いずれにしろ、付け下げの実際の買取価格というのは、いろいろな条件で結構変わってくるもののようです。

付け下げを売るつもりなら、とりあえず着物買取サイトの無料査定だけでも試してみるとよいかと思います。

着物買取のしおりのランキングでご紹介している買取サイトであれば、完全無料で査定だけでもOKです。

とりあえず無料査定だけでも試してみることをおすすめします。

着物買取ランキングはこちら

今回の付下げの査定額はあくまでも買取価格の例にすぎません。実際の買取価格はいろいろな条件で変わってきます。ランキングでご紹介している着物買取サイトなら、完全無料で査定だけでもOKなので、とりあえず付下げの査定だけでもしてもらいましょう!

しおり

付け下げとは

そもそも付け下げとは、どういう着物なのでしょうか?

付け下げというのは、正絹で出来た染めの着物の一種です。

訪問着を簡略した染めの着物で、着物の格としては訪問着よりやや劣るものの、準礼装としても着用できる汎用性の高い着物といえます。

付け下げの最大の特徴というのは、訪問着が着物を仮仕立てした状態で染めるのに対し、付け下げは反物の状態で染めて作られます。

反物の状態で染めることから、仕立てた時にすべての柄が上向きとなり、柄が縫い目にかかりません。

 

付け下げは着物買取でよく査定に出される着物

戦時中に華美な訪問着が贅沢品として禁制品となったため、訪問着よりも地味な柄の付け下げが代用として定着したと言われています。
戦後、付け下げは準礼装としてもカジュアルな場にも幅広く着用できる着物として人気になりました。

戦後に人気となった着物のため、付け下げを所有している人も多く、中古の着物市場においても査定によく出される着物だそうです。

付け下げの中にも、古典柄などの格式高い柄をあしらった「付下げ訪問着」という着物もあり、結婚披露宴などにも着ていくことができます。
また、着物全体に柄の入った「付下げ小紋」という付け下げもあり、一般的な小紋のように普段着としても使われます。

付け下げは、訪問着よりも格が下ですが、いろいろな場に着用できる汎用性の高い着物であり、中古着物市場でも需要の高い着物です。

そのため、付け下げは結構な高値で買取してもらえる場合も結構あるようです。

付け下げの買取価格は、いろいろな条件で変わってくるため、実際に査定してもらわないと正確な買取価格は分かりません。

付け下げを売るつもりなら、とりあえず着物買取サイトの無料査定を試してみるとよいと思います。

着物買取のしおりのランキングでご紹介している買取サイトであれば、完全無料で査定だけでもOKです。

とりあえず無料査定だけでも試してみることをおすすめします。

着物買取ランキングはこちら

正絹ではない付け下げもあるの?

付け下げは基本的に正絹の着物ですが、最近は正絹ではない付け下げというのも出てきているようです。

着物を普段から着る人の場合、ポリエステルなどの化繊の着物というのは需要があるからです。

また、作動の初釜や通常より格式のある水屋作業などでも、ポリエステルなど化繊の付け下げを着る人が増えているようです。

着物の格というのは、一般的に以下のように決まっています。

既婚女性の場合:黒留袖>色留袖>訪問着>付下げ>小紋

未婚女性の場合:振袖>訪問着>付下げ>小紋

付下げよりも格が上である振袖や黒留袖にも、正絹ではないポリエステルなど化繊のものが出てきています。

普段着使いする人にとっては正絹の着物だけではなく、ポリエステルなどの化繊の着物というのも需要があるようです。

そのため、正絹でない付け下げであっても、結構な高値で買い取ってもらえることもあるようです。

着物買取のしおりのランキングでご紹介している買取サイトであれば、完全無料で査定だけでもOKです。

とりあえず無料査定だけでも試してみることをおすすめします。

着物買取ランキングはこちら

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です