着物買取のコツ。着物の買取価格をアップさせる方法のポイントとは

着物買取のコツ

着物買取のしおりここでは着物買取のコツについてご紹介します。

着物の買取価格をアップさせる方法についてポイントを解説します。

着物の買取価格をアップさせる方法としては、①複数の買取業者の査定を比較する、②着物の保存状態に注意する、③帯など和装小物と一緒にまとめて査定に出す、④証紙などと一緒に査定に出す、⑤キャンペーンを上手に活用するなど、5つのポイントがあります。

着物を1円でも高く売りたいと思っている方は、是非チェックしていってくださいね。

着物の買取価格をアップさせる方法の5つのポイント

着物買取のコツとして、買取価格をアップさせる方法には以下の5つのポイントがあります。

  1. 複数の買取業者の査定を比較する
  2. 着物の保存状態に注意する
  3. 帯など和装小物と一緒にまとめて査定に出す
  4. 証紙などと一緒に査定に出す
  5. キャンペーンを上手に活用する

着物を1円でも高く売りたいと思っている方は、着物買取のコツを是非チェックしていってくださいね。

買取価格をアップさせる方法の5つのポイントについて、1つずつご紹介します。

複数の買取業者の査定を比較する

複数の買取業者の査定を比較着物買取の最大のコツとして、買取価格をアップさせる方法というのは、複数の買取業者の査定を比較するということです。

とくに着物の知識がなく、着物買取の相場感覚がないという方は、複数の買取業者の査定を取るということは、着物を1円でも高く売るためには必須といえます。

というのも、着物の買取価格の相場が分からなければ、高く売りたいと思っても、そもそも査定額が「高い」のか「安い」のかも判断しようがありませんよね。

着物の買取価格の相場が分からない人が、1つのところにだけ査定してもらってそのまま買い取ってもらうとすると、不当に安く買い叩かれていたしても気づけません。

本当はものすごく希少で高価な着物だったとしても、そのまま安く買い叩かれてしまう危険性があります。

買い叩かれるというのは言い過ぎだとしても、近所のリサイクルショップなどに出してしまうと、着物の真の価値がわからないため、二束三文で買い取られてしまうのがオチです。

高価な着物を安く買い取られてしまったりしないように、着物を1円でも高く売りたいと考えているなら、必ず複数の買取業者の査定をとってみましょう。

ご紹介している着物買取サイトは完全無料で査定だけでもOK

着物買取のしおり着物買取のしおりのランキングでご紹介している買取サイトであれば、完全無料で査定をしてくれて、査定だけでも全く問題ありません。

とりあえず買取額の査定だけをしてもらって、そのまま他の買取サイトの無料査定に出してしまってもOKです。

複数の買取業者の査定を比較して、そのうち一番高い査定額を出してくれたところに買い取ってもらえばいいんです。

さらに複数の買取業者の査定を取ることによって、その査定額をもとに買取額アップの交渉をすることも不可能ではありません。

着物を1円でも高く売りたいと思うなら、複数の買取業者の査定をとってみましょう。

複数の着物買取店の査定を比較して、一番高いところに買い取ってもらおう

着物の保存状態に注意する

着物の保存状態着物を1円でも高く売りたいと考えているのなら、着物の保存状態にとくに注意しましょう。

着物の買取価格を左右する評価ポイントはいろいろありますが、自分でコントロールできる部分というのは着物の保存状態だけです。

着物の種類や素材、年代、人気といったポイントというのは、自分ではどうすることも出来ませんよね。

それに対して、着物の保存状態というのは、自分で気をつけることによってある程度のコントロールをすることが可能な部分です。

着物の買取価格に影響する保存状態というのは、着物のシワやシミ、色あせ、変色、カビ、防虫剤にニオイ移りなどが挙げられます。

1円でも着物を高く売るためには、こういった点に注意して着物を保存するようにしましょう。

着物の保管状態と買取価格。シワやシミ、変色、カビ、防虫剤にニオイに注意!

着物のクリーニングは必要なし

着物買取のしおりとはいえ、いざ着物を売ろうと思ってから、保存状態に気をつけてしもあまり意味がないことかもしれませんね^^;

その場合は、着物のシワやニオイなど、自分でなんとか出来る部分だけでも状態を改善するようにしましょう。

といっても、着物をクリーニングに出したり、自分で洗濯するということは避けましょう。

着物のクリーニングというのは非常に高額ですが、その高額なクリーニング代を上回るほどには買取価格のアップは望めません。

また、自分で着物の洗濯をするというのは万が一失敗すると大変なのでやめておいた方がいいです。

着物を売る前にクリーニングに出したほうがよい?しみ抜きや洗濯することで買取額は上がる?

帯など和装小物と一緒にまとめて査定に出す

着物買取のコツの3つ目のポイントというのは、着物を査定に出す時に、帯など和装小物といっしょにまとめて査定に出すということです。

ほとんどの着物買取サイトでは、着物だけではなく、帯や帯留め、帯締め、草履といった和装小物も買い取りに対応しています。

こういった和装小物というのも、実は中には高額で買取してもらえるものもあります。

とくに帯というのは、実は着物そのものよりも高額で買い取ってもらえることは結構あります。

むしろ帯のほうが着物よりも高額買取が期待できるとも言われており、着物を査定に出すときには必ず帯なども一緒に査定に出すようにしましょう。

また、帯留め、帯締め、草履、かんざしといった和装小物というのも買取してもらえますので、そういった和装小物もまとめて一緒に査定に出すと、買取額のアップが見込めます。

帯や和装小物と一緒に査定に出すことで着物の買取価格は全体としてアップ!

証紙などと一緒に査定に出す

着物買取のコツの4つのポイントは、証紙なども一緒に査定に出すということです。

証紙とは、着物の産地や種類、織り元を証明する証明書のようなものになります。

着物の織り元や織物工業組合が発行しているものになります。

その着物が本物であるということを示す品質証明書、登録商標ともいえます。

証紙というのは、伝統工芸品や作家ものの着物を売るときに必須といえます。

伝統工芸品や作家もの着物というのは高額買取が期待できる着物なのですが、証紙があるかどうかで買取価格は全く変わってきます。

証紙の有無で買取価格は数十万円の差も

着物買取のしおり証紙があれば数十万円で買い取ってもらえる着物であっても、証紙がないと数万円の査定額になってしまうことも珍しくありません。

もちろん、着物専門の査定員であれば、証紙がなくても本物の着物かどうかの鑑定はできるのですが、その買い取った着物を中古着物市場で売る場合に証紙の有無というのが大きく影響してきてしまうんです。

査定員が本物の着物であると鑑定出来たとしても、その着物を売るときには、証紙がないとそれを第三者に証明することも出来ないため、どうしても安くなってしまうということです。

とくに伝統工芸品や作家ものの着物を売る場合には、必ず証紙もセットにして査定に出すようにしましょう。

証紙付の着物は証紙をつけて査定に出すことで買取価格は大幅にアップします!

キャンペーンを上手に活用する

着物買取の最後のコツというのは、キャンペーンを上手に活用するということです。

着物買取サイトでは、たまに買取価格をアップするキャンペーンなどを実施していることがあります。

例えば、着物の宅配買取サイトであるヤマトクでは、創業25周年キャンペーンとして査定金額20%アップするキャンペーンを実施していたこともありました。

こういった買取価格をアップするキャンペーンを実施していることがあるので、そういったキャンペーンを上手に活用するということが、着物買取で着物を高く売るコツの最後のポイントです。

着物買取店のキャンペーンを利用して買取価格をアップさせよう

着物を高く売るためにもまずは無料査定

着物買取のしおり以上、着物買取のコツとして、着物の買取価格をアップさせる5つの方法をご紹介しました

これら5つの方法とポイントをおさえて、着物を1円でも高く売ることに挑戦しましょう。

とはいえ、結局のところ、着物の買取価格というのは、実際に着物を査定してもらわないと分かりません。

着物を高く売るためにも、まずは自分の着物の買取価格を把握する必要があります。

着物買取のしおりのランキングでご紹介している着物買取サイトは、いずれも完全無料で査定してくれて査定だけでもOKです。

着物を1円でも高く売りたいと思っているのなら、まずは着物買取サイトの無料査定を試してみましょう。

着物買取ランキングはこちら

しおり

こちらのランキングでご紹介している着物買取サイトであれば完全無料で査定だけでもOKです。とりあえず電話で問い合わせしてみてくださいね

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です