浴衣って買取してもらる?浴衣の買取相場はいくらぐらいか調べてみた

浴衣の買取相場

浴衣って買取してもらえるのでしょうか?

浴衣は着物の中でも普段着使いの格の低い着物です。

そんな普段着使いの着物でも着物買取業者に買い取ってもらうことは可能なのでしょうか??

ここではそもそも浴衣は買い取ってもらえるのかどうか。

買い取ってもらえるとしたら、浴衣の買取相場はいくらぐらいなのか調べてみました!

浴衣はそもそも買い取ってもらえる?買取相場はいくらぐらい?

着物買取のしおり浴衣の買取相場はいくらぐらいかということですが、一口に浴衣といっても様々です。

そのため、一概に浴衣の買取相場はいくらぐらいとは言うことは出来ません。

ただし、化繊のミシン縫いのような浴衣の場合、買取不可といわれることがほとんどです。

一方、浴衣であっても、上布(じょうふ)と呼ばれる麻素材の着物の場合、伝統工芸品の貴重な着物であるため、高額買取が期待できます。

浴衣は買取不可と諦める必要はなく、実は高く買い取ってもらえるものもありますので、浴衣を処分する前に買取相場をチェックしてみてくださいね。

例えば、ツモリチサトなど、人気ブランドの浴衣であれば高く買い取ってもらえます。

ツモリチサトはブランド終了にともない、買取相場も急上昇中のようですよ↓

>>ツモリチサトの浴衣の買取相場について

ツモリチサト終了!ツモリチサトの浴衣の買取相場が急上昇中?

浴衣って買取してもらえるの?

浴衣は買取が難しいことが多い

そもそも浴衣は買い取ってもらえるかということですが、一般的に浴衣は買取NGとしているところが多いです。

とくにリサイクルショップでは、浴衣の買取を行っていないお店がほとんどです。

それに、お店に浴衣を持って出向かなければならないので、ちょっと面倒ですよね。

ネットオークションで売るという人もいますが、よほどオークションに慣れていないと難しいようです。

出品作業や落札者との交渉、発送に至るまで、すべて自分で行わなければならないからです。

又、落札者から質問やクレームが来た際も、すべて自己責任で対応する必要があります。

更に、出品したからと言って、確実に希望金額で落札されるという保証もありません。

浴衣の買取なら着物買取サイトがおすすめ

着物買取のしおり一方、着物を専門的に買取している着物買取サイトであれば、浴衣でも買い取ってくれるというところはあります。

着物買取のしおりでご紹介している着物買取サイトの中には、浴衣も買取OKというところもあります。

「浴衣も買取OK」とホームページ上に明記している着物買取サイトについては、こちらをチェックしてみてくださいね↓

>>浴衣も買取OKと明記している着物買取サイト一覧はこちら

また、下記のランキングでご紹介している着物買取サイトについては、浴衣も買取り可能かどうかだけでも、とりあえず電話で問い合わせをしてみることをおすすめします↓

着物買取ランキングはこちら

しおり

浴衣を買取可能かどうかだけでも、とりあえず電話で聞いてみてくださいね

浴衣の買取相場はいくらぐらい?

高額買取が期待できる浴衣も

浴衣は、手縫いのものかミシン縫いのものかによって、買取価格が違ってきます。

手縫いのものであれば、2,000~3,000円台程度が一般的のようです。

そして、サイズが大きいもの・広衿仕立てのものは、需要が高いため、もう少し買取価格が上がることがあります。

一方、ミシン縫いのものだと、300~1,000円程度の買取額になります。

上布(じょうふ)と呼ばれる伝統工芸品なら高額買取!

浴衣はあまり高額買取は期待できませんが、中には高く買い取ってもらえる浴衣も存在します。

上布(じょうふ)と呼ばれる麻素材の伝統工芸品の浴衣や、老舗呉服店の浴衣の場合は、1万円以上2万円弱の買取金額が付くことがあります。

ただし、そういった伝統工芸品の浴衣を売る場合には、産地や織元を証明する証紙の存在が重要です。

こういった浴衣を売る時は、高級品であることを証明する証紙を一緒に提示するようにしてくださいね。

>>伝統工芸品の着物を売るときの証紙の必要性についてはこちらをチェック

証紙付の着物は証紙をつけて査定に出すことで買取価格は大幅にアップします!

浴衣の実際の買取価格の例

浴衣の買取価格の実際の例としては、例えば以下のような買取例があるようです。

100万円以上で購入した宮古上布の浴衣 5万円ぐらい
藤井絞りの浴衣反物 28,000円ぐらい
有松嶋海絞りの浴衣 25,000円ぐらい
ツモリチサトのグラデーションフラワープリントの浴衣 8,000円ぐらい

着物買取のしおり浴衣は一般的には買取NGとしている買取業者も多いですが、中には浴衣も買取OKとしているところもあります。

着物買取のしおりでご紹介している着物買取サイトの中にも、「浴衣も買取OK」とホームページで明記しているサイトがいくつもあります。

「浴衣も買取OK」としている着物買取サイト一覧はこちらをチェックしてみてくださいね。

>>浴衣も買取OKと明記している着物買取サイト一覧はこちら

また、下記のランキングでご紹介している着物買取サイトについては、浴衣も買取り可能かどうかだけでも、とりあえず電話で問い合わせをしてみることをおすすめします↓

着物買取ランキングはこちら

しおり

浴衣を買取可能かどうかだけでも、とりあえず電話で聞いてみてくださいね

浴衣とは。普段着使いの格の低い着物

浴衣は普段着

浴衣は、着物の中でも最もリーズナブルで、親しみやすいものです。

なので、夏になると、若い人たちも積極的に浴衣を楽しんでいる光景を目にしますね。

浴衣は「家の中で着る普段着」というカテゴリーに入り、着物の中でも最も格が低いとされています。

浴衣は元々、「寝巻・部屋着」という扱いだったので、どうしても格が低くなってしまうのです。

日本人皆が着物で生活していた時代は、浴衣で外出することはあまりなかったと言われています。

浴衣のまま出掛けるとしたら、「お風呂上りに近所の縁日に行く」という程度だったそうです。

もしくは、家のすぐ近くで夕涼みをするといった程度です。

このことからも、「浴衣は寝巻・部屋着であった」ということがわかりますね。

浴衣の素材について

浴衣今市場に出回っている浴衣は、木綿でできているものがほとんどです。

なので、風通しが良く、自宅の洗濯機で丸洗いすることができます。

また、麻の浴衣や、麻と木綿が混じった「綿麻」の浴衣もあり、いずれも風通しの良さが魅力です。

最近は、丸洗いできて、シワになりにくいポリエステルの浴衣も出回るようになりました。

但し、ポリエステルの浴衣は、風通しがあまり良くないため、暑く感じることがあります。

浴衣の中には、絞りなどの伝統工芸品の浴衣もあり、高級品という扱いになります。

老舗呉服店から出ている浴衣も、格は高くないものの、高級品の扱いです。

浴衣の着方について

化繊の着物浴衣には、反幅帯を合わせ、「文庫」「貝ノ口」といったシンプルな帯結びをします。

帯締めや帯揚げは使いませんが、アクセサリー代わりに帯締め・帯留めを使う人もいます。

基本的に、浴衣には襦袢は着ませんが、襦袢を着ることで夏用の着物のような風情を出すこともできます。

又、浴衣の場合、素足で下駄を履きますが、冷え対策として足袋を履いても大丈夫です。

高額買取が期待できる浴衣もあるので、まずは電話で問い合わせ!

着物買取のしおり浴衣は元々、寝間着、もしくは夕涼みや近所の外出のみに着る部屋着でした。

そのため、着物の中でも格が低く、「完全な普段着」という部類に入ります。

大半の浴衣は木綿でできており、風通しが良いので、夏の暑い日にはピッタリです。

浴衣は買取NGとされることが多いですが、中には高価買取が期待できる浴衣も存在します。

とくに手縫い仕立ての浴衣や、上布(じょうふ)といった伝統工芸品の浴衣や、老舗呉服店の浴衣は高額買取の可能性があります。

浴衣はどうせ買取不可と諦めてしまう前に、とりえあえず買取可能かどうかだけでも、電話で問い合わせしてみることをおすすめします。

こちらのランキングでご紹介している着物買取サイトに、まずは電話で問い合わせしてみてくださいね。

着物買取ランキングはこちら

しおり

浴衣を買取可能かどうかだけでも、とりあえず電話で聞いてみてくださいね

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です