留袖の買取相場はいくらぐらい?家紋の入った留め袖ってそもそも売れるの?

着物買取のしおり留め袖とは、既婚女性の正式な礼装着物であり、1番格が高いことで知られています。

留め袖とは、具体的にどのような特徴を持った着物なのでしょうか?

また、留め袖を売りに出す場合、どのようなところで買い取ってもらうことができるのでしょうか??

ここでは、留め袖の買取相場がいくらぐらいなのか、留め袖の特徴や買取についてまとめました!

>>留め袖の買取相場はこちら

留袖とは。留め袖ってどんな着物?その特徴とは

留め袖とはどのような着物なのか、その特徴についてまとめました。

留め袖には、「黒留め袖」と「色留め袖」の2種類があります。

この2つは、同じ留め袖でも少し違うので、それぞれ説明していきたいと思います。

黒留袖

黒留袖

黒留め袖は、既婚女性のみが着ることができる、最高の格を持つ礼装着物です。

着物買取のしおりフォーマル着物には、背中に紋を入れることが暗黙のルールとなっています。

黒留め袖の場合、紋が5つ入っているので、この点から見ても、その格の高さがわかります。

フォーマルの席で、お客様をもてなす側になった既婚女性は、黒留め袖を着ることになっています。

着物全体ではなく、着物の裾部分だけに、大きく豪華な模様がはいっています。

この模様は「絵羽模様」と言い、着物を広げた時に、模様がつながって見えることが特徴です。

黒留め袖には、フォーマル用の袋帯を締めますが、金糸などが使われた豪華な帯を使うことが多いです。

また、襦袢や足袋は必ず白色のものを着用し、色や柄がついたものは着用しないことになっています。

色留袖

色留袖

色留め袖も礼装着物ですが、格は入っている紋の数によって変わります。

黒留め袖と同じ「5つ紋」であれば、黒留め袖と同じ格になります。

でも、「3つ紋」「1つ紋」の場合は格が下がり、「セミフォーマル」という扱いになります。

また、黒留め袖は既婚女性用の着物ですが、色留め袖は、既婚・未婚問わず着ることができます。

帯は、黒留め袖同様、できるだけ華やかな袋帯を合わせます。

足袋や襦袢に関しても、黒留め袖同様、白のみを着用し、色や柄がついたものは着用しません。

これらの点に関しては、黒留め袖・色留め袖の大きな共通点です。

留め袖を買い取ってくれるのはどこ? 留め袖の買い取り相場は?

着物買取のしおり留め袖は、その家の紋が入っているため、売れるのかどうかが気になりますよね。

でも、中古の留め袖を買う人は、紋についてはあまり気にしない人が多いようです。

リユース着物市場においては、紋入りかどうかはあまり影響しないようです。

そのため紋が入っていても留め袖を売ることは可能です。

留め袖を買い取ってくれるのはどこ?

 

結論から言ってしまうと、留め袖を売る場合は着物専門の買取業者がおすすめです。

着物買取のしおりでご紹介している着物買取サイトがおすすめですよ。

着物専門の買取業者には、専門の査定員がいるため、留め袖の価値をしっかり理解してもらえます。

そのため、留め袖についても適切な価格をつけてもらうことができますよ。

特に、価値あるものに関しては、証紙を添付して売ると、かなりの高額買取が期待できます。

リサイクルショップやネットオークションに留め袖を売るのはダメ!

逆に、リサイクルショップやネットオークションで売ることはオススメできません。

リサイクルショップには、留め袖の価値を理解する査定員がいないからです。

その結果、数千円もしくはそれ以下の値段で買い取られてしまうことも珍しくありません。

オークションの場合、運が良ければ、高額で取引することもできます。

その代わり、出品や発送、落札者との交渉やトラブル対処も、全部自分でやらなければなりません。

留め袖を売るのであれば、着物買取のしおりでご紹介している安心の着物買取サイトがおすすめです。

安心でおすすめな着物買取サイトについては、こちらのランキングをチェックしてみてくださいね↓

着物買取ランキングはこちら

しおり

いくらぐらいで買い取ってもらえそうかだけでも、とりあえず電話で問い合わせしてみてくださいね。

留め袖の買取相場は?

留め袖の買取相場

もし着物専門の買取業者に売った場合、一般的に留め袖の買取相場は数万円のようです。

留め袖は、他の着物に比べて、元の価格が高いので、買取価格も少し高めになるようです。
とはいっても、あまりにも状態が悪いと1,000円~3,000円くらいの買取価格になってしまうようですが・・・。

>>着物の格と買取価格について

着物の格と買取価格。高く売れる着物の種類とは

最近は、未婚女性の間で、振袖よりも色留め袖の方が人気があるようで、需要が高くなりました。
そのため、色留め袖の買取価格が少しずつ上がっているようです。
また、昔に比べて大柄な人が増えたため、大きめサイズだと、高く買い取ってくれることが多いと言われています。

人間国宝・一流ブランド・伝統工芸品の留め袖なら数十万円!

留め袖は、人間国宝の作品・一流ブランドの着物・伝統工芸品が多いことが特徴です。
これらの場合、その価値を証明する証紙をつけて売ると、かなりの高額買取になります。

黒留め袖の場合は10万円以上、色留め袖の場合は5万円以上の値段が付くことが大半のようです。
ものによっては、数十万円になることもあるので、証紙は必ず保存しておきたいですね。

>>留め袖を売る場合も証紙が必須な理由

証紙付の着物は証紙をつけて査定に出すことで買取価格は大幅にアップします!

ちなみに、未使用品や、購入後1年未満の場合は、買取価格が高くなります。
でも、質の高い留め袖であっても、年数が経つにつれて、その価値が低くなってしまいます。
そのため、購入後3年以上経つと、買取価格がぐんと下がってしまうようです。

また、購入後10年近く経つと、買い取ってもらうことができない場合もあると言われています。

留め袖の買取相場まとめ

着物買取のしおり

留め袖は、最も格が高い礼装着物で、一流品も多く、元々の値段も高いことが特徴です。

そのため、他の着物よりも、高い買取価格がつくことが多いようですね。

買取を依頼する場合は、その価値を理解してもらえる、着物専門の買取業者がオススメです。

又、一流品を売る場合は、その価値を証明する証紙を一緒に出してください。

ものによっては数十万円の値段がつく場合がありますよ!

留め袖を売る場合は、こちらのランキングでご紹介している安心でおすすめな着物買取サイトに問い合わせしてみてくださいね。

着物買取ランキングはこちら

しおり

留め袖をいくらぐらいで買い取ってもらえそうかだけでも、とりあえず電話で問い合わせしてみることをおすすめします!

もしかしたら数十万円で売れるかもしれませんよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です