喪服の買取相場はいくらぐらい?そもそも喪服って売れるの?

喪服の買取相場

喪服の買取相場はいくらぐらいなのでしょうか?

そもそも喪服って売れるのでしょうか?

ここでは喪服が買い取ってもらえるのか、買い取ってもらえるならその相場はいくらぐらいなのかまとめました。

喪服はそもそも買取不可のところが多い

喪服はそもそも買取不可

喪服はそもそも買取不可としている着物買取サイトが多いです。

なぜなら、今の時代は葬儀にそもそも喪服を着る人は少なく、ブラックスーツやダークスーツ、黒のワンピースやアンサンブルを着用する人がほとんどです。

また、喪服を着用する場合でも殆どの人はレンタルで済ませることが多く、中古の喪服は需要が極端に低いからです。

さらに喪服には必ずその家の紋が入っています。

家紋が入っている喪服は中古としてリサイクルが難しく、リユース市場で再販しにくいという事情もあります。

このような背景から、喪服というのは基本的には買取不可としている着物買取サイトが多いです。

リサイクルショップやネットオークションでも喪服は売れません

喪服は売れません

また、リサイクルショップやネットオークションでも喪服は殆どの場合、売るのは難しいです。

リサイクルショップは、喪服の着物の買取そのものを行っていない所がほとんどです。

喪服には紋が入っているため、オーダーメイドのものとみなされ、買取を渋られてしまうからです。

ネットオークションの場合は、時々喪服を出品している人を見かけます。

でも、喪服は礼装着物であるため、出品するにあたって、ある程度の知識が必要です。

落札希望者から質問が来ることもあるため、それに答えられないと、落札してもらうのは難しいでしょう。

喪服の買取相場はいくらぐらい?

着物買取のしおり喪服の着物は、仏事にしか着ることができないため、市場での需要が少ないのが現状です。

それでも、確実に買い取ってもらうためには、中古着物を市場に回している実績がある所に売るのが1番です。

着物買取のしおりでご紹介しているサイトの中には、喪服も買い取ってくれる着物買取サイトもあります。

そういった着物買取サイトでは、喪服の買取相場はいくらぐらいなのでしょうか?

喪服は礼装着物でありながら、市場での需要が低い着物です。

そのため、売った場合の買取価格も、それほど高くないことが現実です。

喪服の買取相場は300円~1,000円台ぐらい

具体的な金額としては、300円程度~1,000円台くらいが相場であるようです。

保存状態や質の良いものであっても、2,000円弱程度の買取価格が相場です。

それでも、ただ処分してしまうよりは、売りに出して、臨時収入を得た方が良いかもしれませんね。

ちなみに、カビやシミ、色あせなどがない喪服は、若干買取金額を上乗せしてもらえます。

なので、購入後、できるだけ早い段階で売りに出すことをオススメします。

喪服とはどんな着物?

喪服とは

喪服は、葬儀や法要など、仏事の席のみに着るフォーマル着物です。

喪服は礼装着物の一種で、その家の紋が必ず入っているという点が特徴です。

喪服は、紋がいくつ入っているかによって、礼装か準礼装かが決まります。

紋が5つ入っている喪服は、第一礼装であるため、最も格が高い部類に入ります。

又、無地の黒地の着物であるという点も、5つ紋の喪服の特徴です。

紋が3つ、もしくは1つ入っている喪服は、「準喪服」と呼ばれ、準礼装という扱いになります。

この喪服は、黒地の着物ではなく、寒色系の色無地であるという特徴があります。

喪服を着る時のマナー

仏事というデリケートな場で着る着物であるため、着る時のマナーがしっかり決まっています。

仏事で喪服を着ても良い人は限られており、それ以外の人は着るべきではないと言われています。

喪服を着て良いのは、喪主をはじめ、故人の三親等内の親族になります。

又、葬儀委員長や、故人と家族同然の付き合いをしていた親しい友人も喪服を着て良いとされています。

言い換えれば、「お客様側」ではなく、「喪に服す側」の人が喪服を着るということですね。

帯・帯締め・帯揚げ・履物すべてを黒一色でそろえる

喪服を着る際は、帯・帯締め・帯揚げ・履物全て、黒一色で揃えることになっています。

そして、帯留めや値付けなどは付けてはいけないので、気をつけてくださいね。

メイクはできるだけ控えめにし、色やつやのある化粧品を使うことは避けましょう。

髪形は、おくれ毛が出ないようにまとめますが、目立たないピンを使うようにしてください。

かんざし類は使わず、ピンを使う時は、小さめの黒いピンを使うことが理想です。

又、葬儀・告別式・初七日・四十九日・一周忌には、第一礼装の喪服を着ます。

でも、通夜と、上記以外の法事では、第一礼装の喪服ではなく、準喪服を着ます。

喪服は喪服でも買取OKとしている着物買取サイトに売りに出そう

着物買取のしおり

喪服は礼装着物の一種で、第一礼装の喪服と、準礼装の「準喪服」に分かれます。

第一礼装の喪服と準喪服は、紋の数と、着物地の色が違います。

又、喪服を着ることができるのは、故人の三親等内の親族をはじめとした「喪に服す側の人」になります。

中古の喪服は、市場での需要が低いため、買取金額が高くありません。

でも、確実に買い取ってもらうためには、着物買取のしおりでご紹介している喪服も買取OKな着物買取サイトに売ることをオススメします。

喪服も買取OKとしている着物買取サイトの一覧はこちらです↓

ヤマトクの特徴と評判を他社と比較

久屋の着物買取の特徴と評判を他社と比較

また、こちらのランキングでご紹介している着物買取サイトなら電話で問い合わせすることも可能です。

喪服が買取可能かどうか、とりあえず電話で問い合わせして相談してみることをおすすめします。

着物買取ランキングはこちら

しおり

喪服を買取可能かどうかだけでも、とりあえず電話で聞いてみてくださいね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です