麻の着物の買取相場はいくらぐらい?上布なら数十万円で売れるかも?

麻の着物の買取相場

着物買取のしおり麻の着物の買取相場はいくらぐらいなのでしょうか?

ここでは麻の着物の買取相場についてと、麻の着物の特徴についてまとめました。

麻の着物は、夏の時期にオシャレに装える着物として人気を集めています。

渋い色柄が特徴ですが、誰でも素敵に着こなせるため、若い女性にも大人気ですよ。

ここでは、そんな麻の着物のメリット・デメリットなどをお話していきます。

又、数十万円の高額買取も期待できる麻の着物「上布」のことについてもご紹介します!

麻の着物の買取相場はいくらぐらい?

着物買取のしおり麻の着物の買取相場ですが、一般的に正絹(しょうけん)の着物と比べるとそんなに高価買取は期待できないと言われています。

なぜなら、麻の着物というのは、基本的に普段着使いの着物に使われることが多く、フォーマルの場に着用できる格の高い正絹の着物に比べると需要が低いからです。

現代の日本では、普段着として着物を着用する人はとても少ないので、普段着着物として使われている麻の着物が欲しいという人は少ないんですね。

麻の着物というのは、一般的に格の低い着物であるため、買取価格の相場も決して高くはなりません。

着物の格と買取価格については、こちらの記事をチェックしてみてくださいね↓

>>着物の格と買取価格について

着物の格と買取価格。高く売れる着物の種類とは

上布など伝統工芸品であれば数十万円の高額買取も!

着物買取のしおりただし、麻の着物の中でも上布(じょうふ)と呼ばれるような伝統工芸品の着物の場合は、買取価格は非常に高くなります。

上布というのは、イラクサ科の多年草、苧麻(ちょま)を原料とした麻織物のことで、上等の布という意味で上布(じょうふ)と呼ばれています。

宮古上布、会津上布、能登上布、越後上布、近江上布、八重山上布など、伝統工芸品の麻織物として有名です。

こういった伝統工芸品の上布であれば、買取価格の相場は10万円以上にもなります。

保存状態がよく丈の長いものであれば、数十万円もの高額買取も期待できます。

ただし、伝統工芸品の上布を売る場合には、その産地や織元を証明する証紙が必須となります。

証紙がない場合には、上布といえども、それを証明することができないので買取価格は下がってしまうので注意してくださいね。

どうして証紙が必須なのかについては、こちの記事をご覧ください↓

>>伝統工芸品の着物を売る場合には証紙が必須である理由

証紙付の着物は証紙をつけて査定に出すことで買取価格は大幅にアップします!

麻の着物の買取価格の事例

麻の着物の実際の買取価格の事例としては、以下のようなものがありました。

宮古上布 約15万円
越後上布 約10万円
八重山上布 約5万円

着物買取のしおり伝統工芸品の上布であれば、数万円から数十万円の高額買取が期待できるようです。

ただし、上布のような伝統工芸品の着物の価値をきちんと査定できる着物買取店に売った場合の買取価格です。

近所のリサイクルショップや古着屋さんに売ってしまうと、上布の価値を理解できずに安く買い叩かれてしまうので注意してくださいね。

上布など、麻の着物を1円でも高く売るのであれば、着物買取のしおりのランキングでご紹介している着物買取サイトの査定を是非試してみてくださいね。

着物買取ランキングはこちからチェックしてみてください↓

着物買取ランキングはこちら

しおり

麻の着物をいくらぐらいで買い取ってもらえそうかだけでも、とりあえず電話で問い合わせしてみることをおすすめします!

もしかしたら上布など非常に高額買取が期待できる伝統工芸品かもしれませんよ

麻の着物とは

麻の着物

麻の着物は、とても風通しが良く、涼しいということが大きな特徴です。

そのため、夏用のちょっとオシャレな普段着の着物として大人気です。

麻の着物を着る場合は、下に着る襦袢も麻のものを着るので、本当に涼しいのです!

また、シックで上品なデザインのものばかりなので、1度買ったら、長く着ることができますよ。
若い女性から年配の女性まで、幅広く楽しむことができる着物なのです。

麻の着物のメリット

他の素材の着物と比べた時の、麻の着物のメリット・デメリットもご紹介しますね。

涼しくて風通しがよい

浴衣

麻の着物の最大のメリットは、先ほどもお話した通り、「涼しくて風通しが良い」という点です。

夏の着物には、化繊の着物もありますが、これと比べると、かなり大きな魅力です。
化繊の着物は風通しが悪いため、薄手であっても、夏はとても暑いのです。

化繊の着物の特徴については、こちらの記事をご覧ください↓

>>化繊の着物の特徴についてはこちら

化繊の着物の買取相場とは。そもそも売れる?

自宅で丸洗いができる

また、自宅で丸洗いできるという点も、麻の着物の大きなメリットです。

見た目や風合いが美しい正絹の着物の場合は、自宅で洗うことができません。
かなりの金額のお金をかけて、着物専門のクリーニングに出す必要があります。

でも、麻の着物は自宅の洗濯機で洗えるので、正絹の着物よりも気がラクですね。

更に、自宅で洗える着物である木綿の着物と比べても、麻の着物はとても丈夫です。
この点も、麻の着物が持つメリットの1つだと言えるでしょう。

木綿の着物の特徴については、こちらの記事をご覧ください↓

>>木綿の着物の特徴についてはこちら

木綿の着物の買取相場はいくらぐらい?木綿の着物を高く売るには

麻の着物のデメリット

では、麻の着物のデメリットについてはどうでしょうか。

格が低いのでフォーマルシーンには着用できない

麻の着物は、とてもおしゃれではありますが、フォーマルシーンに着て行くことはできません。

正絹の着物ならフォーマルの場に着て行けますが、麻の着物は普段着のみとなります。

ゴワゴワしている

また、化繊の着物や正絹・木綿の着物に比べて、ゴワゴワしているという点もデメリットです。

化繊・正絹・木綿の着物は、さらさらしていて、重さがありません。

でも、麻の着物は丈夫である分、着ていてごわつきを感じ、「この点があまり好きではない」という人も多いようです。

洗濯を繰り返すと縮みやすい

更に、洗濯を繰り返すと縮みやすいという点も、麻の着物のデメリットです。

化繊の着物であれば、何度洗っても、縮むことはほとんどありません。
でも、麻・木綿の着物は、洗うたびに縮んでしまうので、洗濯はほどほどにしなくてはなりません。

上布(じょうふ)とは

宮古上布

上布と呼ばれている麻の着物は、伝統工芸品の高級品であり、高額買取が期待できます。

上布は、麻を刈り入れる段階から、全ての作業を手作業で丁寧に行っています。
だからこそ、上布と呼ばれる麻の着物は、高級品と言われるのですね。

上布の生産は、日本各地にたくさんありますが、場所によって気候や湿度が違います。
そのため、地域によって作業工程や仕上がりが大きく違うという点が特徴です。

ただ、一般的には、先に生地を染めてしまい、その後から織るという形を取るようです。
その模様は、縞や絣など、渋くてシックなものであることが魅力です。

どこの地域も、丁寧で長い作業工程であるため、最近では後継者不足が大きな問題となっているようです。
そのため、上布の着物は数が少なく、手に入りづらいと言われています。
上布の着物が欲しい場合は、予め呉服店に予約を入れておかなければならないそうです。

麻の着物のまとめ

着物買取のしおり

麻の着物は、涼しくて風通しが良く、自宅で洗えるのが魅力の着物です。

その反面、少しゴワゴワしていたり、洗いすぎると縮んだりするデメリットもあります。

又、麻の着物は普段着としてしか使えず、正絹の着物のように、フォーマルシーンに着ることができません。

麻の着物の中でも、高級品の部類に入るのが、上布と呼ばれるものです。
上布は希少価値が高いため、予約を入れないと入手しづらい状態になっています。

上布など伝統工芸品の麻の着物であれば、数十万円の高額買取も期待できます!

上布など、麻の着物を1円でも高く売るのであれば、着物買取のしおりのランキングでご紹介している着物買取サイトの査定を是非試してみてくださいね。

着物買取ランキングはこちからチェックしてみてください↓

着物買取ランキングはこちら

しおり

麻の着物をいくらぐらいで買い取ってもらえそうかだけでも、とりあえず電話で問い合わせしてみることをおすすめします!

もしかしたら上布など非常に高額買取が期待できる伝統工芸品かもしれませんよ

麻の着物とは

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です