木綿の着物の買取相場はいくらぐらい?木綿の着物を高く売るには

木綿の着物の買取相場

着物買取のしおり木綿の着物は、普段着として気軽に着ることができる、風通しの良い着物です。

ワンピースのような感覚で着ることができるので、若い女性にも大人気ですね^^

ここでは、そんな木綿の着物の買取価格の相場や高く売るコツについてご紹介します。

木綿の着物の買取相場について

木綿の着物
出典:バイセル着物コラム

木綿の着物の買取相場ですが、基本的に木綿の着物は高価買取は期待しないほうがよいです。

木綿の着物は、正絹の着物と比べて格が高い着物は多くなく、普段着使いの着物が多いです。

そのため、木綿の着物はそんなに買取価格の相場は高くありません。

一般的な木綿の着物の買取相場は数百円~3,000円前後、ただし、薩摩絣や弓浜絣といった伝統工芸品の高級木綿の着物の場合は数万円以上の買取相場となっています。

ただし、この場合は証紙が必須であり、証紙がない場合は高級木綿の着物であっても買取価格の相場は低くなります。

木綿の着物はどこに売ったらいい?

着物買取のしおりでは、中古の木綿の着物を売りに出す場合、どこに売ったら良いのでしょうか。

近所のリサイクルショップなどには、木綿の着物は売らない方が良いです。

というよりも、リサイクルショップは、基本的に、着物の買取はほとんど行っていません。

もし買い取ってくれるとしても、正絹の着物以外は買い取ってもらえません。

木綿の着物を売る場合は、ネットオークション、又は着物を専門に扱っている買取業者がおすすめです。

オークションの場合、木綿の着物愛好家が落札してくれれば、ある程度の値段で売ることが可能であるようです。

でも、現実的には、木綿の着物の需要は、それほど多くはないです。

普段着使いの木綿の着物は需要があまりない

正絹の格の高い着物であるなら使用シーンも多いので需要はそれなりにありますが、普段着使いの木綿の着物というのは、着物を普段から着用する人は少ないので需要は高くありません。

着物の格と買取価格。高く売れる着物の種類とは

そのため、オークションでは、なかなか見つけてもらいづらいのが現状のようです。

このことから考えると、やはり、着物を専門に扱っている買取業者がよいと思います。

状態の良いものであれば、専門の査定員が適切な価格を付けてくれるので安心ですよ。

木綿の着物を売るのであれば、着物買取のしおりでご紹介している安心な着物買取サイトがおすすめです。

完全無料で査定だけでもOKなので、とりあえずランキング中の着物買取サイトに電話で問い合わせをしてみてくださいね。

着物買取ランキングはこちら

木綿の着物は買取相場は数百円から3千円くらい

では、中古の木綿の着物の買取価格相場は、どのくらいになるのでしょうか。

木綿の着物は普段着の着物で、着物としての格が低い部類に入ります。

そのため、買取価格は数百円~3,000円前後になることが多いようです。

又、年数が経っていたり、状態が劣化していたりすると、残念ながら、値段がつかない場合もあります。

でも、伝統工芸品の場合は、数万円以上になるというケースもあるようです。

ただ、この場合、伝統工芸品であることを証明する、証紙の提示が必須です。

これがないと、せっかくの伝統工芸品も、適切な値段をつけてもらえないので、気をつけてくださいね。

>>伝統工芸品の着物は証紙といっしょに査定に出そう

証紙付の着物は証紙をつけて査定に出すことで買取価格は大幅にアップします!

 

木綿の着物を高く売るコツ

着物買取のしおり木綿の着物を高く売るコツとしては、他の着物を高く売るコツと同様です。

複数の着物買取サイトの無料査定を試してみて、一番高い査定を出してくれた所に買い取ってもらうようにしましょう。

木綿の着物を高く売るコツについては、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

木綿の着物で高く売れるものは、証紙付きの伝統工芸品の着物です。

こういった木綿の着物を高く売るためにも、必ず証紙といっしょに査定に出すようにしましょう。

着物を高く売るコツについては、こちらの記事をご確認ください

>>着物買取で高く売るコツ

着物買取のコツ。着物の買取価格をアップさせる方法のポイントとは

木綿の着物を売るのであれば、着物買取のしおりでご紹介している安心な着物買取サイトがおすすめです。

完全無料で査定だけでもOKなので、とりあえずランキング中の着物買取サイトに電話で問い合わせをしてみてくださいね。

着物買取ランキングはこちら

木綿の着物とは

綿 

木綿の着物は、普段着として気軽に着ることができる、風通しの良い着物です。

ワンピースのような感覚で着ることができるので、若い女性にも大人気です。

木綿の着物は、普段着の着物であるため、着物としての格は低い部類に入ります。

具体的に言うと、カジュアルなお出かけに着ていくことができる、小紋と同じ格になります。

ただ、小紋との違いは、「木綿の着物は、単衣(ひとえ)のみである」ということです。

単衣(ひとえ)の着物は、5~6月の間に着る着物で、裏地が付いていないという特徴があります。

木綿の着物は、この「単衣」というタイプのみになります。

小紋のように、春・秋・冬の3シーズン着ることができる「袷(あわせ)」は、木綿にはありません。

単衣の木綿の着物は季節の変わり目に着用する

木綿の着物は、5~6月という「少し蒸し暑くなり始めた時期に着る着物」です。

そのため、風通しが良く、とても涼しいことが魅力の着物です。

又、自宅の洗濯機で洗うことができ、乾きも比較的早いのが助かる点です。

但し、何度も洗うと縮みやすく、洗濯後はしわになりやすいので気をつけてくださいね。

木綿の着物は洋服感覚で気軽に着れる

着物買取のしおりさて、木綿の着物は完全なカジュアル着物なので、洋服感覚でオシャレができます。

例えば、色・柄ものの半衿や足袋を組み合わせたりして、色彩で遊ぶことができます。

組み合わせる履物も、草履・下駄、どちらでも問題はありません。

フォーマルの席には着ていけませんが、若者の感覚でオシャレを楽しめる着物ですよ。

薩摩絣、弓浜絣といった伝統工芸品の高級木綿の着物もある

着物

又、木綿の着物は、普段着ではありますが、価値ある伝統工芸品もあります。

例えば、琉球絣・遠州木綿・薩摩絣・弓浜絣などは、カジュアル着物とはいえ、かなり価値が高いとされています。

そのため、これらは、購入価格がそれなりの値段になることが特徴です。

こういった伝統工芸品の高級木綿の着物は買取価格もかなり高くなります。

ただし、伝統工芸品であることを証明する証紙が必須となるので、こういった木綿の着物を売る場合には、必ず証紙も一緒に査定に出すようにしましょう。

木綿の着物を売る場合には、着物買取のしおりでご紹介している安心な着物買取サイトがおすすめです。

完全無料で査定だけでもOKなので、とりあえずランキング中の着物買取サイトに電話で問い合わせをしてみてください。

着物買取ランキングはこちら

しおり

木綿の着物を買取可能かどうかだけでも、とりあえず電話で聞いてみてくださいね

木綿の着物の格とメリットやデメリットについて

木綿の着物

着物買取のしおり木綿の着物は、木綿の洋服と同じで、普段着として親しまれている着物です。

そのため、着物の格は、かなり下の方になってしまうと考えてください。

普段着着物の小紋は、着物の中でも格が下の方になります。

でも、木綿の着物は、正絹の小紋より格が下になります。

つまり、「完全な日常用の普段着着物」ということになりますね。

ちなみに、着物を日常的に着ていた時代は、一般庶民は木綿の着物を日々の暮らしの中で着ていました。

よく、時代劇を見ると、長屋などで木綿の着物を着た女性が、家事をしている場面があります。

木綿の着物は、そのくらいカジュアルな日常着だということですね。

木綿の着物のメリット

さて、次に、木綿の着物のメリットについてお話していきたいと思います。

薄手で軽く柔らかく通気性がよい

まず挙げられるメリットは、「軽く柔らかい上に、通気性が良い」という点です。

木綿の着物は、薄手でふんわりした質感が大きな特徴です。

そのため、ごわごわせず、長い時間着ていても疲れません。

そして、通気性が良いので、暑い日でも着ることができるという点が魅力です。

自宅の洗濯機で丸洗いできる

次に挙げられるメリットは、「自宅の洗濯機で丸洗いできる」というものです。

正絹の着物の場合は、自宅で洗うことができないため、専門のクリーニングに出す必要があります。

しかも、着物専門のクリーニングは、かなり値段が高額です。

でも、木綿の着物なら、自宅の洗濯機で洗えるので、気がラクですね。

木綿の着物のデメリット

では、木綿の着物のデメリットについても見ていきたいと思います。

シワになりやすい

まず挙げられるのは、「シワになりやすいので、アイロンかけが面倒」という点です。

木綿の着物は、自宅で洗濯できますが、洗濯した後、シワになりやすいのです。

しかも、そのシワはなかなか伸びないので、アイロンかけがかなり面倒になります…。

フォーマルな場所には着ていけない

次に挙げられるデメリットは、「気軽な外出にしか着て行かれない」という点です。

先ほどもお話したように、木綿の着物は、かなり格が低い着物です。

そのため、フォーマルな場所や、高級感のある場所へのお出かけには不向きです。

友達同士の気軽な外出にしか着て行かれないので、着て行く場所が限られてしまうのです。

木綿の着物の主流である単衣(ひとえ)の着物とは

着物買取のしおり

木綿の着物は「単衣(ひとえ)」と呼ばれるものが主流です。

では、単衣の着物とは、一体どのような着物なのでしょうか。

単衣の着物とは、裏地の付いていない薄手の着物で、6月・9月に着るものです。

なので、夏に移り変わる時期・夏から秋に変わる時期に着る着物だということですね。

でも、最近は気候が変わり、早い時期から蒸し暑くなることもあります。

そのため、5月くらいから単衣の着物を着ても差し支えなくなってきました。

もし、人から「時期が早い」と指摘されたら、「暑かったので…」と言っておけば大丈夫です。

単衣の着物には、カジュアル用の名古屋帯・フォーマル用の袋帯、どちらを合わせても大丈夫です。

但し、木綿の着物は完全なカジュアル着物なので、袋帯ではなく、名古屋帯を合わせましょう。

又は、木綿の着物の場合、浴衣の時に使う半幅帯を合わせてもかわいいですよ。

 木綿の着物まとめ

木綿の着物は、着物の中では格がかなり低いですが、柔らかくて着やすい着物です。

自宅の洗濯機でも洗えるので、クリーニング代もかかりません。

但し、シワになりやすいので、アイロンを丁寧に書ける必要があります。

又、友達同士の気軽なお出かけ以外の場所には、木綿の着物は不向きです。

木綿の着物の主流は、6月・9月に着る「単衣」と呼ばれるものが主流です。

木綿の着物を売る場合には、着物買取のしおりでご紹介している安心な着物買取サイトがおすすめです。

完全無料で査定だけでもOKなので、とりあえずランキング中の着物買取サイトに電話で問い合わせをしてみてください。

着物買取ランキングはこちら

しおり

木綿の着物を買取可能かどうかだけでも、とりあえず電話で聞いてみてくださいね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です