寿光織の買取相場はいくらぐらい?寿光織のステキな特徴とは

寿光織の買取相場

着物買取のしおり寿光織(じゅこうおり)の着物は高級品で、フォーマルシーンによく使われる着物です。

なので、中古の寿光織を売りに出したら高く売れそう…そう思うかもしれませんね。

そこで、中古の寿光織の買取相場や、高く売るためのコツについてお話していきます。

又、寿光織がどのような着物なのか、どの具体的な特徴についても触れていきます。

寿光織の買取相場はいくらぐらい? 寿光織を高く売るコツ

寿光織の買取相場

寿光織(じゅこうおり)の着物は、結論から言うと着物専門の買取業者に売るのがオススメです。

リサイクルショップや古着屋さんに売ると、寿光織の価値をわかってもらえません。
そのため、数百円という安値で買い取られてしまうことがほとんどです。

寿光織を高く売るならオークションよりも買取業者がおすすめ

また、寿光織の着物をオークションに出した場合の相場は高くても数千円程度のようです。

ただ、寿光織のような着物をオークションに出す場合には、本物の寿光織だ証明できるものを出品時に表示する必要があります。

万が一、偽物の寿光織を出品してしまった場合にはトラブルになってしまいますし、高く売ることもできません。

寿光織のような高級な着物を出品する場合には、証紙など証明できるものも一緒に出すようにしましょう。

>>証紙もいっしょに出すことが大事な理由はこちら

証紙付の着物は証紙をつけて査定に出すことで買取価格は大幅にアップします!

オークションの場合、本物であると信用されれば、納得のいく価格で買い取ってもらうことも不可能ではないです。

オークションで寿光織を高く売るには、信頼が大切であることということですね。

ただし、メルカリやヤフオクといったサイトでは、着物に詳しくない人も多いですし、変な人もいますのでトラブルには注意してくださいね。

>>メルカリなどに着物を出品する場合の注意点はこちら

着物ってメルカリで売れるの?メルカリで売れやすい着物とは?

寿光織の買取相場は6,000円から数万円ぐらい

着物買取のしおり一方、着物専門の買取業者に売った場合の買取相場は6,000円から数万円ぐらいと言われています。

寿光織の場合は、ヤフオクやメルカリなどで売るよりも、着物専門の買取業者に買い取ってもらったほうが高い買取相場になることは間違いありません。

というのは、着物を専門とした買取業者であれば、寿光織の価値を理解できていますし、適切な価格で再販するルートもノウハウも持っているから。

状態のよい寿光織であれば、かなりの高額買取を期待できるようですよ

寿光織を売るのであれば、着物買取のしおりでご紹介している着物買取サイトがおすすめです。

こちらのランキングでご紹介している着物買取サイトであれば、査定だけでも全く問題ないので、とりあえず寿光織の買取相場だけでも教えてもらってくださいね。

着物買取ランキングはこちら

しおり

寿光織の買取相場がいくらぐらいか、とりあえず電話して聞いてみてください

寿光織とは。寿光織の特徴について

寿光織の買取相場

では、高級品と言われている、寿光織とはどんな着物か、その特徴についてお話していきます。

寿光織は、京都発のブランドもので、長い伝統を持つ織物の1つです。
その品質は、京都でもトップの位置に立つと言われているため、長い間、着物愛好家から愛され続けてきました。

寿光織には、無地のものも、柄のあるものもありますが、どれも高級感があります。

柄が浮き出るように織られている

無地の場合、地紋のように、柄が浮き出るように織られていることが特徴です。

特に、寿光織の無地の着物は、白や淡い色合いのものが多いようです。
結婚式やお茶会など、フォーマルシーンに着て行くと、シックで品の良い雰囲気を演出できますよ。

金糸などで模様が織られている

一方、柄ものの寿光織は、金糸をはじめ、さまざまな色の糸で模様が織り込まれています。

特に、金糸が織り込まれているため、とてもゴージャスな雰囲気になります。
柄ものの寿光織は、色留め袖や訪問着など、格の高い着物として仕立てられます。

又、寿光織に使われる糸には、「元々柄がついている」という大きな特徴があります。

珍しい糸を使って、職人さんが一針一針、柄を手作業で丁寧に織り込んでいくのです。
そのようにして織り込まれた文様には、重厚感が漂い、美術作品のような風格も感じられます。

結婚前に寿光織の着物を仕立て、結婚後に黒留袖に染め直す

白無垢ちなみに、寿光織に使われる糸は、上から染料をかけても、染料の色に染まらないそうです。
なので、着物記事の色を違う色に染め直しても、絵柄の部分は染まらずに、きれいなまま浮き出てきます。

昔は、この特徴を生かして、「結婚前に寿光織の着物を仕立て、結婚後、黒地に染め直して黒留袖にした」という人もいたようです。

まとめ

着物買取のしおり

中古の寿光織の着物は着物専門の買取業者に売りましょう。

買取相場の情報は多く出回っていませんが、大体6,000円~数万円くらいであるようです。

寿光織は、無地・訪問着・留袖といったような、フォーマル着物として仕立てられることが多いです。

柄の付いた金糸などを使って、手作業で丁寧に文様を織り込んだ、重厚感のある高級品です。

そのため、柄のある寿光織は、かなり格の高い着物に仕立てられます。

寿光織を売るのであれば、着物買取のしおりでご紹介している着物買取サイトがおすすめです。

こちらのランキングでご紹介している着物買取サイトであれば、査定だけでも全く問題ないので、とりあえず寿光織の買取相場だけでも教えてもらってくださいね。

着物買取ランキングはこちら

しおり

寿光織の買取相場がいくらぐらいか、とりあえず電話して聞いてみてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です