振袖の買取相場はいくらぐらい?振り袖を高く売るコツとは

振袖の買取相場

着物買取のしおり振袖の買取相場はいくらぐらいなのでしょうか?

ここでは振袖の買取相場を知った上で、振り袖を高く売るコツについてご紹介します。

また、そもそも振袖とはどういう着物なのか、振袖の特徴などについて詳しく解説します。

振袖の買取相場はいくらぐらいか

振袖振袖はいくらぐらいで買い取ってもらえるのでしょうか?

振袖の買取相場について、すぐに知りたい方はこちらからご確認ください。

>>振袖の買取相場についてすぐにチェックする

振袖を買い取ってくれるお店はどこ?

リサイクルショップなどに着物を売ってはダメ

振袖を買い取ってくれるお店は、着物専門業者・リサイクルショップです。

でも、結論から言うと、振袖を売るのは、着物専門業者がオススメです。

リサイクルショップには、着物専門の査定員がいないので、振袖の価値を理解してもらえません。

また、そもそもリサイクルショップでは、着物の需要があまりないので、商品価値を低く見積もられてしまいます。

そのため、リサイクルショップなどに振袖を売る場合、1,000円前後か、それ以下の金額で買い取られてしまうことがほとんどです。

ネットオークションに振袖を売るのは難しい

ネットオークションで着物を売るのは難しいまた、振袖をネットオークションで売る人もいますが、あまりオススメではありません。

ネットオークションの場合、リサイクルショップよりは、高値が付く可能性があるのは事実です。

でも、全ての準備・交渉・発送に加え、トラブル対処も自分でやらないといけません。

振袖を宅配便などで送るのもかなり大変だと思うので、振袖を売るのなら自宅まで完全無料で出張査定に来てくれる着物買取サイトの出張買取がおすすめです。

振袖を売るのなら着物専門の買取サイトがおすすめ

でも、着物専門業者なら、専門の査定員が常駐しているので、振袖の価値をわかってもらえます。

着物買取のしおりでご紹介している着物買取サイトであれば、無料の出張買取・送料無料の宅配買取などもあります。

いずれの着物買取サイトも完全無料で査定だけでもOKなので、振袖を売る場合にはとりあえず無料査定を試してみて買取相場を調べてみることをおすすめします。

完全無料で査定だけでもOKな着物買取サイトについては、こちらのランキングからチェックしてみてください。

着物買取ランキングはこちら

振袖の買い取り相場はいくらくらい?

振袖の買取相場

振袖の買い取り相場は、状態が良いものだと大半が1~5万円くらいになるようです。

振袖だけではなく、帯や襦袢などをセットにして売ると5万円以上になるそうです。

「高級品の振袖+帯+襦袢」のセットの場合は、10~15万円くらいになることもあります。

証紙付きの作家ものの振袖なら20万円以上にも

振袖

更に、高級品且つ未使用同然のものの場合、20万円以上になることもあります。

これは、人間国宝の作家の着物・一流ブランドのものなどの場合ですね。

但し、この場合、高級品であることを証明する「証紙」を一緒に出してください。

いくら人間国宝の作家ものであったり一流ブランドの振袖であったとしても証紙がない場合には買取価格ががくんと下がってしまうこともあります。

とくに高級な振袖を売る場合には、必ず証紙といっしょに出すようにしてください。

高く売れる振袖とは

人間国宝の作家ものや人気ブランドの振袖でなくても、高く売れるものもあります。

高く売れる振袖というのは、一般的に高く売れる着物と同様です。

高く売れる着物の条件については、こちらをご確認ください。

着物の買取価格は何で決まる?着物の査定額に影響する評価ポイントとは

高く売れる振袖の条件とは、例えば状態がよくて未使用同然のものや、サイズ(丈)が大きいものです。

呉服店で仕立てたものや、サイズが大きいものは、買取価格がプラスになることが多いようです。

ちなみに、「状態が良いもの」「未使用同然」のものとは、「購入後1年以内のもの」を指します。

年数が経つにつれて、いくらあまりそでを通していなくても、価値は少しずつ落ちていきます。

とくに購入後10年くらい経過した振袖は、買い取ってもらえないこともあるようなので注意してください。

振袖の実際の買取価格は査定しないと分からない

しおりいずれにしろ振袖の買取相場についてはあくまでも参考であり、実際に振袖がいくらで売れるかは査定してもらわない限りわかりません。

着物買取のしおりでご紹介している着物買取サイトであれば、無料の出張買取・送料無料の宅配買取などもあります。

いずれの着物買取サイトも完全無料で査定だけでもOKなので、振袖を売る場合にはとりあえず無料査定を試してみて買取相場を調べてみることをおすすめします。

完全無料で査定だけでもOKな着物買取サイトについては、こちらのランキングからチェックしてみてください。

着物買取ランキングはこちら

振袖を高く売るコツ

振袖を高く売るコツについては、一般的に着物を高く売るコツと同様です。

着物を高く売るコツについては、こちらの記事を参考にしてください。

着物買取のコツ。着物の買取価格をアップさせる方法のポイントとは

複数の買取業者の査定を取ってみよう

複数の買取業者の査定

振袖を高く売るコツとして、一番大事なポイントは、複数の着物買取サイトの査定をとって比較するということです。

とくに振袖というのは、格が一番高い着物ですし、成人式や結婚式、パーティーなど着用する機会も多く、リサイクル着物市場でも需要が高い着物です。

そのため振袖は着物の中でも高く売れる可能性が高いです。

せっかく高く売れる可能性のある振袖ですが、一社だけの査定を取っただけでは、その買取価格が高いのか安いのか、妥当なのかが判断できません。

もしかしたら不当に安く買い叩かれていたり、本当は希少な振袖なのに、その価値を見抜いてもらえずに二束三文で買い取られてしまうかもしれません。

そういったことを避けるためにも、振袖を売る場合は複数の着物買取サイトの査定を取ってもらいましょう。

複数の着物買取サイトの査定に出して買取価格をアップさせるコツはこちらの記事をご覧ください。

複数の着物買取店の査定を比較して、一番高いところに買い取ってもらおう

必ず証紙といっしょに査定に出そう

また、人間国宝など作家ものの振袖の場合は、必ず証紙といっしょに査定に出すようにしましょう。

いくら作家ものの希少な振袖であっても、それを証明する証紙がない場合には、通常の振袖と同じぐらいの金額でしか買い取ってもらえない可能性が高いです。

証紙がある振袖の場合には、必ず証紙といっしょに査定に出して売るようにしてください。

以上、振袖を高く売るための一番大事なこととしては、複数の着物買取サイトの査定を取ってみるということです。

着物買取のしおりでご紹介している着物買取サイトであれば、完全無料で査定だけでもOKです。

振袖を売る場合にはとりあえず無料査定を試してみて買取相場を調べてみることをおすすめします。

完全無料で査定だけでもOKな着物買取サイトについては、こちらのランキングからチェックしてみてください。

着物買取ランキングはこちら

振袖とは

振袖とは

振袖は、未婚女性が着る着物の中では、最も格が高い着物とされています。

そのため、フォーマルの席で着ることが多く、高級品も多いことが特徴です。

ここでは、振袖とはどのような着物なのか、その具体的な特徴についてお話しします。

振袖は未婚女性が着る着物の中で一番格が高い

振袖振袖は未婚女性用の第一礼装で、未婚女性が着る着物の中では、1番格が高い着物です。

昔は、フォーマル用の格が高い着物は、留袖しかなかったそうです。

しかし、時が経ち、未婚女性や裕福な家庭の少女向けに、留袖が改良されるようになりました。

その結果、袖の長い着物が作られるようになり、これが振袖の始まりだと言われています。

長い袖は若さの象徴といわれています。

振袖は成人式だけではなくフォーマルの場全般で着ることができる

成人式

振袖というと、「成人式に着る着物」というイメージが強いですよね。

でも、成人式だけではなく、結婚式やパーティーなど、フォーマルの席全般で着る着物です。

但し、葬儀や法事など、仏事の時は、たとえ礼装であっても、振袖を着ることはありません。

最近は無紋でも晴れ着として着用できます

振袖は最高に格の高い未婚女性の第一礼装なので五つ紋をつけるの基本です。

ただ、現代ではその決まりは曖昧となり、今では三つ紋や一つ紋のほか、無紋でも晴れ着として着用できるようになってきています。

振袖の種類

振袖にも袖丈の長さによって種類があります。

袖の長さがくるぶしぐらいの大振袖、袖の長さがふくらはぎぐらいの中振袖、袖丈76-86センチぐらいの小振袖の3種類が主流です。

大振袖は婚礼の花嫁衣装やお色直し、成人式などに着用されます。

中振袖や小振袖は初釜やパーティーなどに着用されます。

振袖の生地

振袖の生地としては、縮緬や綸子、またはおめでたい地紋を織りだしたものなどがあります。

こういった白生地の上に、友禅染や絞り染め、型染め、刺繍、箔置きを施すことで、振袖特有の豪華で華やかな古典文様や吉祥文様、最近ではモダンな模様などに染められます。

 

吉祥文様など豪華で華やかな柄

吉祥文様

振袖は、おめでたい席に着る着物なので、豪華で華やかなことが特徴です。

豪華絢爛な大きな花や、縁起の良い吉祥文様などをあしらっていることが多いですね。

金色を使って柄が描かれていることも多いため、ほかの着物と比べて、かなり華やかです。

又、人間国宝クラスの作家の着物や、一流ブランドの着物も多数出ています。

これらの振袖は、着物としてではなく、美術品・工芸品としても高い価値を誇ります。

フォーマル用の袋帯を使い凝った結び方をする

フォーマル用の袋帯を使い凝った結び方

振袖には、フォーマル用の袋帯を使い、凝った結び方をするのが特徴です。

他のフォーマル用の着物の場合は、二重太鼓というシンプルな帯結びをします。

でも、振袖だけは、蝶や鳥をモチーフにした個性的な結び方をするのですね。

そのため、振袖は、後ろ姿もとても美しく仕上がる着物です。

振袖を売るのであれば、完全無料で査定だけでもOKな着物買取サイトについて、こちらのランキングからチェックしてみてください。

着物買取ランキングはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です