帯や和装小物と一緒に査定に出すことで着物の買取価格は全体としてアップ!

帯や和装小物といっしょに査定に出そう

着物買取のしおり着物を高く売るコツとしては、帯や和装小物などと一緒にまとめて着物を査定に出すということがあります。

とくに帯というのは、実は着物よりも高く売れることがよくあります。

でも、どうして帯などと一緒に査定に出すと、着物の買取価格が全体的にアップするのでしょうか?

帯や和装小物とまとめて査定に出すと高く売れる理由

帯帯や和装小物もいっしょに査定に出すと、全体として買取価格はアップします。

ここでは帯や和装小物をまとめて査定に出すと、着物の買取価格がアップする理由についてご紹介します。

着物を1円でも高く売るためにも、帯や和装小物とまとめて査定に出して、高く買い取ってもらうコツについて学びましょう。

帯は着物よりも高く売れることも多い

龍村の帯に笑顔を見せる査定員

実を言うと、中古の着物市場においては、着物よりも帯の方が高く売れるということは結構あります。

なぜなら、中古の着物よりも、中古の帯の方が状態がよいことが多いというのがその理由のひとつです。

また、帯の方が汎用性が高く、中古に対する需要が高いということも理由です。

帯は人の肌に直接触れないので着物よりも状態がよい

着物買取のしおり

着物というのは、当たり前ですが「着る物」なので、人の肌に直接触れています。

そのため、古着という扱いになるわけですが、やはり、人の肌に直接触れた古着というのは、新品に比べたら需要は下がります。

例えば、同じ着物でも、長襦袢のように下着のように使われる着物というのは、そもそも中古で購入したいという人がほとんどいないため、買取不可としている業者が多いです。

長襦袢のように、下着のように肌に直接触れる着物でなくても、汗やシミがついてしまうものなので、一度着用した着物というのは、どんどん状態が悪くなっていきます。

とくに着物というのは、家庭内での洗濯が難しく、着用した後は陰干しをする程度のメンテナンスしかされていないことが多いです。
そのため、中古の着物というのは、一般的に状態が悪く、中古市場でもなかなか売りにくいんです。

一方、帯というのは人の肌に直接触れるものではありません。
着物の上から付けるものなので、人の肌に触れることも無く、汗シミなどもつきにくいですし、着物に比べると劣化は遅いです。

帯には丈(サイズ)の長さが問題にならない

帯は長さが問題にならないまた、帯というのは、丈(サイズ)は基本的に問題になりません。

着物の場合、各人にあった丈というものがありますので、なるべく万人に合った丈の着物の方が高く売れやすいです。

大は小を兼ねるというように、丈の長い着物であれば、仕立て直すことが出来ますので、丈の短い着物としても利用できます。
そのため、着物の場合には、基本的に丈の長い着物の方が高く売れる傾向があります。

着物の丈と買取価格。サイズが大きい着物のほうが高く売れる理由

一方、帯の場合にはサイズ(長さ)は関係ありません。

帯はフリーサイズとして誰でも使用できるため、汎用性もあり、需要も高いので、着物よりも高く買い取ってもらえる可能性が高いんです。

和装小物も買い取ってもらえる

帯留めまた、帯や着物以外の和装小物というのも買い取ってもらえます。

例えば、帯留め、帯締め、草履、かんざし、和装バッグといった小物類も買い取りしてもらえるんです。

とくに帯留めや帯締めといった小物は、中古の着物市場では人気があります。

着物には帯が必須で、帯の方が着物よりも高価買取が期待できるように、その帯に必須な帯留めや帯締めといった小物も高く買い取ってもらえる場合があります。

着物を査定にだす場合には、こういった和装小物類についてもいっしょに出すようにしましょう。

まとめて査定に出すと買取額をアップしてくれる

着物買取のしおりこういった帯や和装小物類も買い取ってもらえるし、帯などは着物よりも高価買取が期待できる場合があります。

でも、帯や和装小物類が高価買取が期待できるというだけではなく、着物といっしょに査定に出すと、全体として買取価格が相乗的にアップする可能性があるんです。

どういうことかと言うと、着物が5万円、帯が5万円という査定だった場合、着物と帯をまとめて査定に出すと、その査定額は 5万円+5万円=10万円 ではなく、例えば12万円だったり、15万円になるということです。

単純に買取価格にプラスされる(相加的)のではなく、相乗的に買取価格がアップするということです。

でも、どうして帯や和装小物といっしょに査定に出すと、着物の買取価格が相乗的にアップするのでしょうか?

着物買取サイトとしても、なるべく一回でまとめて買い取りたい

和装小物もいっしょに査定してもらおう

着物を査定に出すときに、帯や和装小物などをまとめて査定に出すと買取価格が全体的にアップする理由というのは、単純に査定員さんによるオマケという要素が強いです。

着物買取業者の査定員さんも、買取が仕事ですので、なるべく多くのものを買い取って帰りたいんです。

査定員さんもサラリーマンですので、営業ノルマというわけでもないけど、なるべく高いもの、なるべく多くのものを買い取って会社に帰ったほうが、当然ながら会社には評価されるわけです。

そのため、着物だけではなく、帯や和装小物といった他のものもいっしょに査定に出してくれたら、買取価格もアップさせることで、なるべくまとめて買い取ろうとするわけですね。

そもそも買取業者のキャンペーンとして、まとめて査定にだしたら買取金額を○○%アップするという方針を打ち出しているところもあります。

もしも着物以外にも、帯や和装小物など手放していいものがあるのなら、とりあえずまとめて査定に出してみることをおすすめします。

それて買取価格がアップするなら儲けものですよね。

もちろん買取キャンセルしても全く問題ないので、着物を査定に出すのなら、帯や和装小物などもまとめて出すようにしましょう。

手放してもいいような貴金属をいっしょに査定に出すのもアリ

貴金属なども査定してくれます

着物といっしょに査定に出す場合に、帯や和装関連のものでなくても、例えば貴金属などをまとめて査定に出すのもアリです。

着物買取業者では、着物だけではなく、貴金属なども買い取りしているというところも多いです。

もしも、手放してもいいと思う貴金属があるのなら、着物を査定に出すときについでに出してみましょう。

もちろん、着物以外の貴金属などを査定に出すのは絶対に嫌ということであれば、まとめて査定に出す必要は全くありません。

貴金属などを強引に買い取る「押し買い」に注意

着物買取のしおり実は、以前、着物などの買取業者が、貴金属などを強引に買い取っていくという「押し買い」行為が社会問題化したことがありました。

自宅に急に押しかけてくる場合もあれば、着物の買取をお願いしたのに着物ではなくて貴金属を買い取らせろと強引に買い取るという手口だったそうです。

現在はそういった行為をした買取業者は行政処分を受け、また出張買取にはクーリングオフ制度が適用となり、そういった押し買いの問題はなくなりました。

着物買取のしおりでご紹介している着物買取サイトでは、そういった「押し買い」的な行為は一切ありませんので大丈夫です。

ただ、着物の出張買取に行った際に、お客さんのほうからついでに貴金属も査定して欲しいという提案を受けることは結構あるようです。

着物買取業者の中には、着物だけではなく、貴金属も買い取りしているところも多くあり、そういったところに着物の査定を出す場合には、ついでに貴金属類もまとめて査定に出すと、買取価格が全体的にアップする場合もあります。

もしも手放してもよい貴金属があって、着物を1円でも高く売りたいとお考えなら、貴金属など、着物以外のものもまとめて査定に出すようにしましょう。

いずれにしろ着物買取のしおりでご紹介している買取サイトなら完全無料で査定だけでもOKです。

着物を1円でも高く売りたいのなら、とりあえずこちらのランキングでご紹介している着物買取サイトに電話で問い合わせしてみることをおすすめします。

着物買取ランキングはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です